直接取引をする危険性

直接取引をする危険性

直接取引は、先出しする側が相手を信用しないといけない為、どうしてもリスクが生まれてしまいます。

たとえ、身分証明書や、連絡先を提示されたとしても偽造や詐称などで詐欺が横行しているのが現状です。

そして直接取引でトラブルがあった場合、渡した物はほぼ戻って来ません。

RMTの価格は決して安いといえる物ばかりではございません。数万円もするような物を保証無しに取引するのは、あまりにもリスクが高いです。

代金エスクロー取引はその全てのリスクを解消する事ができます。

エスクローを利用しない取引が可能になりました。ただし この場合は「直接取引」の形式で出品してください。

ページの一番上へ戻る